借金審査落ちた・・・どうしても今日お金が必要な人へ

男の子の産み分けは排卵日とアイテムを使う

読了までの目安時間:約 2分

 


赤ちゃんは授かりものというものの、家庭の事情でどうしても男の子がほしいと思ってしまうこともありますよね。

 

そのようなときにはまず排卵日を正確に把握することがおすすめです。

と、いうのも赤ちゃんの性別というのは染色体などが関係しており、一般的に腟内が酸性であれば女の子が、アルカリ性であれば男の子が生まれやすくなるという傾向にあります。

 

そして通常の膣内というのは雑菌などの侵入を防ぐために酸性になっているのですが、これが排卵日が近づくとアルカリ性になるのです。

つまり排卵日当日に行為をすれば、男の子が生まれる確率があがるというわけなのですね。

 

排卵日以外にも産み分けアイテムを使うことで、男の子が生まれやすくなることがあります。

例えばグリーンゼリーというゼリーを行為時に膣内に入れると、腟内を人為的にアルカリ性にすることが可能となります。

 

ちなみに酸性にして女の子の確率を上げたい場合にはピンクゼリーというゼリーを用います。

もうひとつ、天然カルシウムであるリンカルという栄養補助食品を使うことでも男の子が生まれる確率が上がるといわれています。

 

これらのアイテムは原材料が食品であったりカルシウムであったりするので副作用などのリスクもなく、安心して使用することができるでしょう。
しかし排卵日を正確に把握し、これらのアイテムを使ったからといって必ず男の子が生まれるわけではありません。

強く望みすぎて女の子だったとき、その子にかわいそうな思いをさせないためにも成功したら良いな程度に捉えておくことも大切でしょう。

 

金融審査に落ちた方へ   

この記事に関連する記事一覧