借金審査落ちた・・・どうしても今日お金が必要な人へ

水商売でもカードローンに申し込めます。

読了までの目安時間:約 3分

 


銀行や消費者金融のカードローンの申し込み条件は、年齢が20歳以上で、申込みを行う本人に安定した収入があることが条件となっています。

職業が水商売であっても、安定した収入がればお金を借りることができます。

 

水商売をしていると審査に通りにくいとも言われますが、融資をする場合は、職種よりも、きちんと返済してくれそうかどうかを最重要視します。

水商売をしている人は頻繁に職場を変わる人が多く、そういう人は金銭トラブルを抱えていたり、連絡がとれなくなる可能性が高いと判断されて、審査に通りにくくなるようです。

 

一つのお店で長く働いている人は信頼度も上がり、審査に有利になってきます。

 

カードローンの審査では、職場への本人在籍確認が行なわれます。審査に通りやすくするためには、お店の人に前もって説明して、スムーズに在籍確認できるよう準備しておく必要があります。

カードローンに申し込んだことを言いたくない場合は、「クレジットカードを作ったので在籍確認がある」と伝えておけばいいでしょう。

 

金融会社の方でも「○○と申しますが、××さんはいらっしゃいますか」と言う風に、カードローンの確認とはわからないように配慮してくれます。

 

カードローンの申し込みの際には運転免許証や健康保険証などの本人確認資料が必要ですが、高額の融資を希望した場合は収入証明書も必要となってきます。

 

職場からもらう源泉徴収票や確定申告書などです。水商売では、一般的な会社での雇用関係とは違う形式を取っている場合が多く、源泉徴収票がなかったり、確定申告をしていない人も多いため、収入証明書が用意できない人が少なくありません。

 

少額の融資の場合は、収入証明書は不要となりますので、あまり高額の融資を希望しない方が審査に通りやすくなります。

 

金融審査に落ちた方へ   

この記事に関連する記事一覧