借金審査落ちた・・・どうしても今日お金が必要な人へ

他人を勝手に巻き込まない

読了までの目安時間:約 4分

 


急にお金が必要になったとき、誰しもいつ何時何があるか分かりません。そんな時に限ってすでに借金があり、もうこれ以上借りれない状況。この場合、やはり両親に聞いてもらい何年たっても自分で働きながら返すというのが一番誰も傷つかない方法なのかなと思います。(ご両親さえ良ければの話ではありますが)

 

しかしながら、やはり両親には借金の事やお金が早急に必要な件を言えない方の方が多いのも現実です。
そんな時に頼りがちなのが友人かと思いますが、これは全くもっておすすめしません。もしも貸してもらえてもきっとあなたは返しません。

 

それを分かっている間柄であれば何も言えないですが、大体は2人の仲は険悪になり、しまいには訴えるということにもなりかねません。あなたはさらに友人、家族を失う可能性もあるんです。ではどうしたらいいか、お勤めの方であれば会社に訳を言って前借りをお願いする。出来なければ、やはりあなたが自分で稼ぐしか他ありません。辛い言い方かもしれませんが、サラ金と言われる所からもお金が借りられない状況であれば、すでに社会的信頼はほぼないかと思いますので、これ以上他の方に多大なご迷惑をかけずにすることが今あなたが出来る最大の仕事かと思います。

 

ご自宅に売りに出せるものはありませんか?
家電、宝飾類、衣類などありとあらゆるものを買い取ってくれる時代です。本当に全てのものを売ればそれなりのお金になるはずです。まずは他人を自分の世界にひきづりこませないこと。自分が今作り出せるお金について考えることが大事だと思います。

 

信頼関係が大切

 

どうしてもお金が必要なとき、やはり頼れるのはまずは家族だと思います。
自分の親、兄弟、配偶者など、信頼のおける相手であり、多少の余裕がある人にお願いすることが一番だと思います。
しかし、ただ金を貸してほしいというだけでは心配をかけたり、信頼関係が崩れる可能性がありますので、借りるときには必ず返済期限を決めることが大切だと思います。

 

また、金融機関などから借りると利子がつきますが、身内であれば利子を請求されることはないかと思いますが、お礼(または借りるときのお願いのお詫び)の品は何かあれば良いと思います。
身内に相談できなければ、信用のおける友人や先輩などが良いと思います。
身内以外の時は、信頼関係がとても大切だと思いますので、必ず返済期限は決めるべきだと思います。
そして、延滞は絶対にしないようするべきです。

 

また、何故その金額が必要なのかは説明した方が良いと思います。
言いづらいことかもしれませんが、理由を言わずに10万円を借りることはハッキリ言って厚かましく、失礼だと思います。
信用のおける友人などであれば、本当に困っていて、お金が必要だと伝えれば、助けてくれる方はいると思います。

 

これも、誰でも良い訳ではなくやはり相手は考えた方が良いと思います。
例えば、既婚者さんより独身の方が良いと思います。
家族がいる方は、その家族にまで心配をかけることになりますので、独身の方の方が頼りやすいと思います。
身内、友人、いずれにしても、電話やメールではなく必ず直接会ってお願いをすることをオススメします。

 

金融審査に落ちた方へ   

この記事に関連する記事一覧